スポンサーリンク

回、2話なのに折り返しとか言っちゃいました・・・

第3話が折り返しでしたね。

そして、

この不朽の名作の視聴率がやばいことになっています・・・

第1話視聴率

9.4

第2話視聴率

6.6

第3話視聴率

4.6

第3話下がりすぎ・・・

肉食男子への道!

第3話の格言

「大胆に愛を叫ぼうぜ!」

スポンサーリンク

『時をかける少女』第3話ネタバレあらすじ

翔平(菊池風磨)にファーストキスを奪われ、動揺する未羽(黒島結菜)。

とはいえ、タイムリープして、なかったことにはできなかった。

一方、未羽への想いを募らせる吾朗(竹内涼真)は、翔平も未羽を好きだと知り、焦っていた。

そんな中、ゾーイ(吉本実憂)が未羽たちのいる3年6組にやってくる。

ゾーイの突然の行動に、翔平はビックリ。

ゾーイは一瞬にしてクラス全体に催眠をかけ、クラスメイトになりすます。

3年6組では校内行事「雅涼祭」でのクラス発表に参加するかを話し合うがみんな乗り気ではなく、不参加に決まる。

雅涼祭の後、翔平と吾朗に、クラス発表をすればよかったと後悔を口にする未羽。

3人は、タイムリープを使って雅涼祭に参加しようと思いつく。

未羽は、クラス発表について話し合ったホームルームの時間に戻り、「ロミオとジュリエット」の劇をしようと提案。

クラスメイトの同意を得てやることに。

配役は吾朗がロミオに、ゾーイがジュリエットに決まる。

6組は準備を進めるが、雅涼祭本番が近付くにつれクラスは険悪な雰囲気に…。

そんな中、翔平は未羽への想いが強まりすぎて…。

『時をかける少女』第4話ネタバレあらすじ

付き合い始めた未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)。

二人はデートをして楽しい時を過ごすが、翔平は、自分が未羽の記憶を書き換えて幼なじみになりすましていることを知られたら…と不安を抱える。

その頃、吾朗(竹内涼真)は、未羽への想いを抱えつつ、受験勉強に没頭。

理髪店を営む父の努(田口浩正)は、吾朗への期待を高めていた。

そんな中、吾朗が努に、大学受験をやめたいと言い出す。

さらに理髪店を継ぐのが昔からの夢だったと言う吾朗に、努は激怒。

努から「店は継がせない」と言われた吾朗は、家を飛び出してしまう。

吾朗がいなくなったと知った未羽と翔平は、彼を探しに行くが、見つからない。

未羽は吾朗が家出した時間まで戻るしかないと考え、翔平を連れてタイムリープするが・・・!?

スポンサーリンク

『時をかける少女』第3話みんなの感想


スポンサーリンク