スポンサーリンク

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の澤穂希が第1子を妊娠したと19日、発表。

来年1月出産予定。

直筆の文書で「念願だった新しい命を授かることができました。我が家に、もう一人家族が加わることを、私たち夫婦はとても幸せに思います」とコメント。

澤穂希は昨年8月、元サッカー選手で、現在はプロサッカー・JリーグJ1仙台の辻上(つじかみ)裕章運営広報部長との結婚を発表。

澤穂希が旦那として選んだ、辻上裕章さんとは一体どんな人物なのか、結婚の背景・馴れ初め再婚の噂などを探ってきました。

スポンサーリンク

澤穂希の結婚相手、旦那の辻上裕章

女子サッカーワールドカップ2015(カナダ)の熱気がまだ冷めぬうちに、レジェンド澤穂希が結婚と衝撃のニュースが飛び交いました!

辻上裕章さんとは10年来の友人であり、何事にも一生懸命で、責任感の強い真面目な男性らしく、そんな辻上裕章さんの内面に惹かれ、昨年に交際し結婚に至ったとのこと。

サッカー一筋といった感じの澤穂希、なでしこリーグや日本代表戦など、多忙な印象でしたが。

まさか結婚かと驚きました!

やはり、公私の切り替えもきっちりわきまえて、常に行動をしていたようです。

澤穂希さんが結婚すると発表され、一躍有名になられた辻上裕章さんですが、辻上とは一体どんな人物なのでしょうか?

辻上裕章(つじかみ ひろあき)プロフィール

inoue

1976年8月31日生まれ

群馬県出身

澤穂希の2歳年上

ベガルタ仙台で左サイドバックとしてプレー

現在は、J1ベガルタ仙台で育成・強化を担当

選手が引退後にクラブで働くことはよくあることみたいですね!

山田孝之似のイケメンだと話題です。

バツイチ再婚の噂が立っていたようですが、調べた限りそういったことはありませんでした。

あまりにカッコいいと、噂がつきものです。

しかも辻上裕章にはすごい経歴があるようで、

高校時代にアメリカのニューマンスミス高校に通っていた経験を活かし、柏レイソルで通訳をしていた経歴もあるというのが驚きです!

ちなみに最終学歴は早稲田大学

プロサッカー選手で帰国子女。

ヨーロッパや南米ではなく、アメリカというのも驚きです!

スポンサーリンク

女子サッカーはアメリカが有名ですが、男子はやはりヨーロッパですよね?

澤穂希・辻上裕章の結婚までの馴れ初めは?

さて、そんな2人の共通点はどこにあったのでしょうか?

10年来の友人だということは語られていますね!

辻上裕章は2012年のロンドン五輪で代表の広報を担当した経歴がありましたので、その頃から関わりがあったのでしょうか?

それ以外では共通点があまり見当たらないお二人です。

澤穂希の所属してきたチームは「日テレ・ベレーザ」「INAC神戸」
「アメリカWリーグのデンバー・ダイアモンズ (Denver Diamonds)」
「アメリカ女子サッカーリーグ (WUSA)、アトランタ・ビート (Atlanta Beat) 」

辻上裕章は「早稲田大学」「ベガルタ仙台」

距離的にもあまり近づく機会が無いように思えます。

澤穂希は、チームが無冠に終わり落ち込んでいる時に、辻上裕章がそっと寄り添い励ましてくれていたとコメントしたこともあり、やはりサッカー関係の現場で親交を深めていたようです。

確か澤穂希さんは、コートジボワール代表のサッカー選手であるドログバ選手がタイプだとおっしゃっていましたよね。

澤穂希にとって、辻上裕章は頼れる兄貴的存在であったそうですが、実は辻上裕章は、何でも一生懸命で優しく真面目な性格でり、ベガルタ仙台の選手たちのみならず、サッカー日本代表にとっても、頼れる兄貴的存在として慕われているとのこと。

ロンドン五輪で当時監督を務めていた関塚隆監督が、非公開練習だったにも関わらず、メディアが空撮してきたことに激怒していたとき、辻上裕章はすぐさまメディアに駆け寄ると、起こったふりをするから思い切り落ち込んでくれと話し、いきなり芝居を打ったというエピソードがあります。

このエピソードは聞いたことがある人も多いはず。

この時の対応で、辻上裕章はメディア側からも絶賛され、いまや頼れる兄貴日本代表として慕われているようです。

知れば知るほどにかっこいい辻上裕章ですね!

辻上裕章の現在の自宅は仙台?

これまでは、澤穂希・辻上裕章夫婦の活動拠点が別々で、神戸と仙台で遠距離結婚状態でした。

しかし、2016年の2月に同居することを発表していましたね!

澤穂希の引退理由もここにありそうです。

澤穂希に関しても今後はサッカー選手として以外でも、日本代表スタッフであったりサッカー協会のスタッフなど、何かしらで日本サッカー界を盛り上げていってほしいところです。

お子様がサッカー選手になったりして?

2032年のワールドカップには出場しているかもしれませんね!

今後も活躍に期待です。

益々のご健勝をお祈りいたします。


スポンサーリンク