スポンサーリンク

国で大ヒットした『ミセン』を原作に、日本バージョンで送るドラマ『HOPE期待ゼロの新入社員』が始まりました!

今回はその第1話ネタバレあらすじ、第2話もご紹介です!

一ノ瀬歩のサクセスストーリーを感じ取ることはできるでしょうか??

スポンサーリンク

【HOPE期待ゼロの新入社員】第1話ネタバレあらすじ

幼いころ囲碁に出合い、夢中になった一ノ瀬歩(中島裕翔)は、やがて日本棋院の院生となり、プロ棋士を目指して青春のすべてを囲碁に捧げてきた。

高校生のころに父親が病気で他界。

歩は、苦しくなった家計の助けになるよう、アルバイトをしながら囲碁の勉強を続けることに。

囲碁は戦いだ。

その世界は孤独・・・

たった一人で判断し、たった一人で責任を負う・・・

だけど、気が付けば戦いの場を失っていたのだった。

日本のプロ棋士採用試験は23歳未満しか受けられない年齢制限があった。

22歳になった歩は、アルバイトも辞め、不退転の決意で囲碁に励んだ。

しかし、試験前夜に母・夕紀(朝加真由美)が過労で倒れてしまい、動揺した歩は試験にも落ちてしまう。

夢を失い、失意のままアルバイト生活を続ける歩の姿に胸を痛めた夕紀は、知人のつてを頼り、総合商社・与一物産で最終段階を迎えている採用試験を受けられるようにする。

ここまでの内容がドラマ開始から約4分程度に凝縮して語られていました。

試験内容は1ヵ月のインターンシップ。

研修生として実際に働き、その働きぶりを勘案して、採用の可否を決めるというものだった。

他の研修生たちは、

「やっとここまで残った・・・」
「ここまで来れば約半数は受かる」

とかなりの難関を突破してきたエリートたちの様子だ・・・

そんなところに突然混じって、社員やほかの研修生からいい顔をされません。

与一物産の営業3課で働くことになった歩が出社すると、課長の織田勇仁(遠藤憲一)はあいにく外回りに出ており、課内にいたのは主任の安芸公介(山内圭哉)だけだった。

歩は、安芸から書類のコピーを頼まれたが、トナーの意味すら知らず、同じインターン試験を受けている同期の桐明真司(瀬戸康史)に助けてもらう。

主任の安芸からは

「コネの子猫ちゃんかよ~」

と残念がられる始末。

さらに、電話には出るなと安芸から命じられていたにもかかわらず、鳴り続ける電話を思わずとってしまった歩は、英語での応対ができず、インターンの香月あかね(山本美月)に電話を代わってもらうありさまだった。

昼食時、歩は、あかねからインターン仲間を紹介してもらう。

歩が高卒だと知り、驚きを隠せない一同。

一方、インターンのひとり、人見将吾(桐山照史)は、歩が専務・鷹野義郎(風間杜夫)のコネで入ったと先輩社員が話しているのを耳にする。

昼食の席で一緒になったインターン生は、現役東大生もいる!

そんな中、外回りから帰ってきた織田は、専務のコネだということを聞いて歩を打合せに連れ出す。

車の中で

「自分を売り込んでみろ」

と織田から言われるが、何も言うことができない・・・

さらに、打ち合わせの席でも歩は何もできず、ただ座っているだけだった。

「勉強になりました」

と言う歩

織田は、そんな歩に「明日から来なくていい」と言い放つ。

「どんなコネだろうとやる気があれば構わない」

「お前はあの時間、ぼーっと座っていただけだ」

メモの一つも取らない、22年間生きていて自分の強みもないのかと。

「年齢制限の為にあきらめた夢がある。」という歩に対して、

「2度とそんな言い訳をするな」
「俺たちや他のインターン生にとってはここが夢の場所だ」

と諭す・・・

「大石死せず」

落ち込む歩が向かったのは昔教わった囲碁の教室だった。

そこで先生からこの言葉をもらった歩。

さらに家に帰ると、母親がスーツを準備してくれていた!?

「最初から自分には戦う気持ちがなかった」

「必死に頑張って失敗することが怖かった」

と気が付いた歩は、スーツに袖を通す・・・

翌日、何事もなかったように仕事を始める織田たち・・・

「明日から来なくていい」と言われていた歩だったが、決意を新たに出勤!

しかし!

「残りの一か月間、頑張ります」という歩だが、その申し出を「却下だ!」と言いつつ仕事を与える・・・

さらに、トラブル発生でインターン生たちに出番が!!

歩はこのチャンスを生かしたいところだ!

と思いきや、すでにトラブルは解決。。。

他のインターン生が帰っていく中、歩はそのことを知らされずに一人で作業を続ける・・・

果たして歩の運命は・・・??

【HOPE期待ゼロの新入社員】第2話ネタバレあらすじ

与一物産のインターン採用試験を受けている一ノ瀬歩(中島裕翔)は、最終日に行われるプレゼン試験に向けて、人見将吾(桐山照史)とパートナーを組んだ。

人見は、プレゼンのテーマを『文化と貿易』に決めると、資料作りを歩に一任する。

そんな折、営業3課長の織田勇仁(遠藤憲一)は、大手スーパーチェーンの社長・宮脇和久(温水洋一)との商談に歩を同席させる。

宮脇の会社は、自社ブランドのインスタントラーメンを作るにあたってタイに工場を建設するため、共同出資してくれる商社を探していた。

実は織田と宮脇は中学校時代の同級生だという。

宮脇は、与一物産が今回のケースと似た案件に共同出資した際の参考資料を織田から受け取ると、前の打ち合わせが長引いているから待っていてほしい、と言って一旦退席する。

だが、1時間ほど経ってから戻ってくると、次の約束があるからまた連絡する、と織田の話も聞かずに帰してしまう。

一方、インターンの桐明真司(瀬戸康史)や香月あかね(山本美月)らは、プレゼン試験に向けて着々と準備を進めていた。

歩も人見とともにプレゼンの練習を続けていたが、ある出来事がきっかけで人見と衝突してしまい・・・

【HOPE期待ゼロの新入社員】第1話みんなの感想

韓国版を知っている人も多いようで、比較するコメントがあります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク