スポンサーリンク

いに始まった大量殺人事件!!

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』

事件の真相を解明する、謎解きを楽しむミステリーものというよりも、

藤堂比奈子はじめ、登場人物の心の闇や過去について見ていく、サスペンス系の物語。

「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」

スポンサーリンク

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第1話感想・ネタバレあらすじ

第1話ネタバレあらすじ

藤堂比奈子(波瑠)は警視庁捜査一課の新人刑事。

母親の形見であり、故郷・長野のメーカーの七味缶「進め!比奈ちゃん」を持ち歩く。

ガムやココア、大福などあらゆるものに振りかけるので周囲からは変わり者扱いされている。

「辛味は脳に刺激が来て気が紛れる」と比奈子
ある日、捜査一課にピューマ急便の宅配員・宮原秋雄(清水優)という男が自宅にて遺体で発見されたと連絡が入る。

宮原が乗っていたトラックは以前、八王子南インター下でレッカー移動された記録があった。

これを聞いた比奈子は即座に、3年前にその場所で起こった未解決の強姦殺人事件を思い出す。

さらには、男に強制わいせつ容疑など過去3度の検挙歴があると報告。

無関係だと一蹴する先輩刑事の東海林泰久(横山裕)

上司の厚田巌夫(渡部篤郎)はその言葉に驚くが、実は、比奈子は過去10年に都内で発生した未解決事件と性犯罪の容疑者リストがすべて頭に入っているのだ。

驚異的な記憶力を買われ、先輩刑事の東海林泰久(横山裕)や倉島敬一郎(要潤)と初めて現場を訪れた比奈子。

刃物で下半身を切り刻まれた無残な遺体を前に、一同は思わず言葉を失うが、比奈子だけは平然としていた。

また、遺体の状況が3年前に殺された女子高生の遺体とそっくりだと判明。

しかも宮原は、当時、事件の容疑者として警察がマークしていた人物だったのだ。

やがて、東海林が事件現場で宮原のスマートフォンを発見する。

中には、宮原が何者かに襲撃されていると思われる凄惨な映像が残されていた・・・

後日、宮原に襲われた被害者に聞き込みをしていた比奈子は、とある家で、心療内科医の中島保(林遣都)に出くわす。

さらに、その家に住んでいた被害者の宇田川早苗(柏原優美)は結婚が決まっていたにも関わらず事件の4年後にあたる3か月前に自殺、原因は宮原による嫌がらせだったことが分かる。

同じ頃、遺体の解剖結果も明らかになる。

監察医の石上妙子(原田美枝子)によると、見立て通り、宮原の傷は3年前の女子高生の遺体とすべて一致。

しかし、それらは宮原本人が自らつけたものだという。

つまり、宮原の死は自殺ということになるが、厚田はどうも腑に落ちない。

そんななか、例の宮原の死に際の映像がネット上に流出していることが判明。

どうやら、宮原のスマートフォンには、録画映像が投稿サイトに自動送信されるよう、違法なアプリが入っていたらしい。

するとその矢先、今度は公園で女性の他殺体が発見される。

しかも被害者は、比奈子の同期・鈴木仁美(篠田麻里子)巡査。

宮原の事件と同様、仁美の殺害映像も流出し、警察が犯人捜しに躍起になるなか、鑑識の調べで、宮原に違法アプリを送りつけたのは、自殺した早苗の元婚約者で、ソフトウェア開発会社に勤める斉藤文隆(山中崇)だと分かる。

しかし斉藤は、宮原への復讐を目論む人物から、宮原の悪行が晒されるソフトを開発するよう依頼されただけだと供述し、謎は深まるばかり。

そんななか、比奈子は仁美の殺害現場で中島と再会し、ひょんなことから、育児放棄された子供と犯罪の関係性についての話へ。

そして、育児放棄した母親を撲殺した少年の映像を見た比奈子は、そこに映っている少年・大友翔こそが、仁美を殺害した犯人だと気付く。

なぜなら、事件当日、仁美は殺された大友の母親と同じ香水をつけていて、現場には幼い頃の大友が一人寂しく過ごした部屋と同じ、裸電球が。

スポンサーリンク

その2つの要因こそが、大友が殺人の衝動に駆られるスイッチだと考えた比奈子は、自らも人殺しのスイッチが入る瞬間を見ようと、青年に成長した大友(三浦貴大)を呼び出す。

すると案の定、スイッチが入った大友は鉄パイプを持って比奈子に襲い掛かってくるが、間一髪のところで東海林が助けに入り、大友は駆け付けた厚田らによって逮捕される。

しかしその数日後、大友は留置場で自ら頭を砕き、死亡してしまう――。

第1話感想

いきなり、少女が38個もの飴を口の中に入れられ両手は床に打ち付けられ胸部から腹部にかけて切られ、目を見開いたままの死体の映像から始まりました。

この死体の映像は、かなり衝撃的ではありましたが、今回、この死体に対しては藤堂比奈子の夢?であったことや解決が見られず、精神科の見習いの先生が少女の死体の口に入れられていた飴の包み紙を持っている事から、今後、このドラマのカギになるのではないかと思います。

最初の事件を筆頭に、過去の事件や精神科の見習いの先生のクライアントの自殺、同僚の殺人事件と事件が盛り沢山の上、其々の事件が全て繋がっているので、そこに関わる登場人物も多く、登場人物の関係も複雑な為、内容を把握するのが難しいと感じたドラマでした。

ただ、犯人は割と容易に想像できたので、初回を見終わって感じたことは、一般的な事件解決の刑事ドラマとは違い個々の人間の持っているナゾにフォーカスが当たっているような気がしました。

気になる所が盛り沢山で、淡々と同僚の殺人事件をただの殺人と言い、涙の1つも見せず無表情のまま同僚の死体を観察し、残忍な死体の事件を「興味深い」と笑う藤堂比奈子。

一方、熱く事件(犯人)に怒りを持って向き合う東海林泰久。

一見、正反対の2人のように見えますが、東海林泰久が犯人を必要以上に、ボコボコに殴る姿は、無表情のまま同僚の死体を観察する藤堂比奈子と重なって見える所があるので、見えている部分は違っても心の奥深くで2人が持っているものが同じなのではないかと想像させられました。

初回ということもあるのか、解決していない死体の事件に含みを持たせているので、このドラマがどのような展開をみせるのかは全く想像ができません。

衝撃的な少女の死体を夢見る藤堂比奈子・お兄さんのお墓参りをしていた東海林泰久・少女の死体の傍に散らばっていた飴の包み紙を持っている精神科の見習いの先生。

この3人のナゾが今後、どのように明かされてゆくのか?

そしてどのような異常犯罪が起こるのか?

今後の展開が非常に楽しみです。

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第2話ネタバレあらすじ

空き地で、乗り捨てられた冷凍車と椅子に座った冷凍遺体2体が発見された。

解剖の結果、両者は兄弟で、殺害後に冷凍、遺棄されたと判明。

警察は遺体の身元を割り出すため、冷凍車の足取りを追跡する。

一方、東京拘置所では一人の死刑囚が変死する。

妙子(原田美枝子)によると、先日留置所で自殺と思われる不審な死を遂げた殺人犯の大友(三浦貴大)と同じケースだという。

比奈子(波瑠)は検死のため拘置所へ向かう妙子に同行。

そこで受刑者の面談をしている中島(林遣都)と再会するが、大友の事件を振り返った中島は、比奈子が殺人犯の犯行の動機を“ある種の衝動”だと決めつけたことを指摘。

「犯罪者の心理は一筋縄で解き明かせるものではない」

と比奈子の考え方に苦言を呈する。

やがて、冷凍遺体遺棄事件を追っていた厚田(渡部篤郎)たちは冷凍設備のある一軒の商店にたどり着く。

しかし、比奈子や東海林(横山裕)が現場へ向かうと、3カ月前に閉店した店はもぬけの殻。

そこに住んでいるはずの父親と3人の子供の姿もない。

ところが、裏庭にはなぜか今も動いている大型の冷凍庫があり、ドアを開けると、そこにはテーブルセットの前に座っている老人と女性の冷凍遺体があった!!!


スポンサーリンク