スポンサーリンク

島ゆり子のせきらら日記~10話(最終回)ネタバレあらすじを9話感想から紹介します!

ついに最終回!!

ゆり子(前田敦子)、そして小津(新井浩文)と美登里(渡辺大知)の運命は・・・??

スポンサーリンク

『毒島ゆり子せきらら日記』9話のあらすじと感想

9話あらすじ

小津、真田弁護士(バカリズム)との話し合いが終わり、どん底に落ちたゆり子は会社を休んでしまう。

もちろん小津とはもう会えない。

しばらく何もできなくなってしまう。

しかし数日後、夏目(今藤洋子)から電話が入り、くろでん(片岡鶴太郎)が誠心党から離党すると聞いたゆり子はスクープをとるため国会へ向かう。

黒田の離党の会見もあり国会へ行くと小津と会ってしまう。

小津は「必ず迎えにいくから」本心なのかまた嘘なのか・・・

くろでん新党の極秘会議の情報をつかんだゆり子は、現場へ忍び込み、中川(高木渉)を取材。

翌日、いよいよ、くろでん新党の立ち上げの日が来た・・・

9話の感想

喫茶店でゆり子(前田敦子)が気づいたら周りに男がいなくなってたと今までの彼氏を振り返る。

クロワッサン食べれず置く。

まぁ周りにいなくなったのは半分自業自得ってやつですけども・・・(笑)

小津さんの一件は相当ショックですよね。

ぁ、みーちゃん(渡辺大知)メジャーデビュー決まったって!それはすごい( ゚Д゚)

喫茶店のマスターがゆり子にクロワッサンをくれる。マスター・・・なんか謎だけどイイ!(笑)

家で(なぜか大量の)ダルマに囲まれてみーちゃんがゆり子といた時に作った歌を口ずさんでて、なんだかんだ小津(新井浩文)のことひっぱってるけど

ゆり子はみーちゃんと居た時が一番よかったんじゃ??なんて思ってしまった(´-ω-`)

そんな時会社の上司から、黒田が離党するから国会に来いと呼び出しされる。

国会で人をみると小津を探してしまうゆり子が、小津が会ったらどんな顔するんだろうとか考えちゃうあたり・・・なんだかせつないです。

休んでたことキャップに謝ると記者は記者になったら一日二四時間365日記者でいなければならない、お前には覚悟ができてないって。

記者って大変なんだなぁと普通に思った( ゚Д゚)

死ぬ気でスクープとってこいといわれてゆり子やる気取り戻していろんな記者に話聞いて回って黒田たちの会合の場所にいくと中川発見!

地元帰ってないじゃん!とか思ったけど(笑)

中川から新党の名前GETした~!キャップにも報告できたし、よかったです。

結党集会当日、小津見つける・・・すれ違っても目が合わない・・・いやーこれはワタシゆりこだったら泣きたい(笑)

前は腕つかんでまで話してくれたのに、こんなのせつないですね。

黒田の新党の会見がもうすぐ始まるはずなのに人が集まらない。あれ??

黒田が来てても始まっても集まらない・・・。

どうやら結構な人数が黒田を裏切ったらしい・・・黒田かわいそう(lil´Д`)。゚.o

黒田を裏切った人たちは上神田という議員についたらしくソコに記者が行ってしまって、終わった後ゆり子も行くと上神田に呼び止められたから

スポンサーリンク

なぜ黒田を裏切ったのか聞くと「それが政治だ」って・・・そんな裏切ったりする人たちに日本あずけていいの!?(笑)

しかもゆり子にとっては「それが男だ」って言われてると思ったに違いない(笑)」

中川も裏切った一人で、秘書の方も新党に入らないこと聞いたの朝だったらしく、中川と話して事務所やめることにしたらしい・・・。

いや、秘書の方やめないで!(笑)←個人的に(笑)

だって中川と電話で話したら部屋あれるし鼻血だすし(笑)いいキャラすぎるのに~!いなかったらちょっと寂しいです。

まぁ秘書の方としても中川が黒田を裏切ったことは許せなかったみたいで・・・。

でもほんと義理と人情って大事だと思いますワタシ(笑)

帰りに黒田を見つけるとめっちゃ寂しそうな背中で国会見つめてたよ・・・。うわ、まじ可哀想です。

自分のお父さんだったらって思うと涙出そう(´Д⊂

家でゆり子が一人でいると、ピンポン激しく鳴って、小津かと思ってゆり子が下着選び・・・なんで!?(笑)

まず先にそれを考えるとか(笑)しっかりしてるわー(笑)

結局来たのは育男だったけど(笑)

ご飯作ってくれた育男・・・本気でおいしそうなんですけども(笑)

育男と話してて今日がみーちゃんのライブだって話になって、したら急に一人になったからどんなふうに生きていいかわかんないって。

いや、普通に生きて?(笑)

でもほんとは気持ちわかったりするんだけど!別れたりした後って自分が今までどう生きてたかわかんなくなるんだよねー!

これはほんとにわかる!(笑)

そしたら育男が突然ゆり子に告白ッ!マジカ!(笑)

僕じゃダメかな?って・・・キャーヾ(>ω<○)

さらに後ろからの抱きしめはいりまーす(笑)・・・これは困る(笑)まさかの育男・・・。

でもさ、育男の抱きしめてる手が震えてるの。

これは少しキュンとしてしまうかなぁ。ずっとそばにいるよとか・・・言われたら嬉しいし!

ゆり子も育男の腕握っちゃったし・・・え?育男も恋愛対象になっちゃうの!?(笑)

うわー、ちょっと続きまた気になりますね!(笑)

『毒島ゆり子せきらら日記』10話(最終回)ネタバレあらすじ

[最終回] わたしが本当に愛していたのは誰なんだろう… 6/22(水) 『毒島ゆり子のせきらら日記』#10 【TBS】

ついに最終回!

ドラマの主人公、毒島ゆり子(前田敦子)は超恋愛体質で男性不信。

「二股はするが、不倫はしない」という独自の生き方を貫いてきました。

しかし、神様がその生き方に罰を与えたのか、ゆり子は美登里(渡辺大知)と別れ、小津(新井浩文)にも裏切られ、気がつけば誰もいなくなってしまいました。

ゆり子は小津から、二度目のプロポーズを受けます。

小津に必ず迎えにいくから待っててほしいと都合のいいことを言われ、飲み物をぶっかけてしまう。

「自分が本当に愛していたのは誰なんだろう」

自分に問いかけ、ゆり子がたどりついた答えとは?

一方ライブを見に行き、美登里には「すきだったよ」と過去形で伝えられてしまう。

ゆり子は本当に一緒になるのはだれなのか!

ゆり子らしさの詰まったエンディングを、ぜひお楽しみに!


スポンサーリンク