スポンサーリンク

題の人気のドラマ『お迎えデス。』

第7話が2016年6月4日に放送!

第7話のネタバレあらすじデス。

6話ネタバレあらすじからの紹介デス。

スポンサーリンク

お迎えデス。6話ネタバレあらすじ

入院中の幸(土屋太鳳)はある晩、窓辺に立って、ふと振り返ると、ベッドに寝ている自分の姿を見る!?

大ケガをした幸は、まだ自由に動ける状態ではないはずだった・・・

幸の身に一体何が起こったのか!

一方で円(福士蒼汰)の部屋には、ナベシマ(鈴木亮平)とゆずこ(濱田ここね)に追われている千里(門脇麦)が居候することになった・・・

そんな中、円はナベシマたちから、達夫(寺島進)という幽霊を成仏させる仕事を頼まれることに。

生前、野球が大好きだった達夫は、ラビッツという草野球チームに所属していたのだった。

そして彼の心残りは、自分が死んだせいでチームの人数が1人足りなくなってしまうということだった。

円は、達夫に連れられてラビッツのメンバーが集まっている喫茶店へ。

達夫がいなくなったラビッツは、このままでは翌週に迫った試合に出場できない!?

ラビッツのメンバーは、チームの解散について話し合いの最中だったのだ!

スポーツとは無縁で、野球の経験もなかった円は、達夫に強引に頼まれて仕方なくラビッツに加わりたいと申し出る。

円が入ってなんとか9人揃ったラビッツだったが、そこに真理(森カンナ)という女性が現れる。

真理はメンバーの一人・真之介(伊澤柾樹)の姉だった。

なんと!?

「真之介は達夫に無理やりチームに入れられただけなので、もう辞めさせる」

と言い、真之介を連れて帰る。

ラビッツは、また8人になってしまった・・・

真之介はおとなしくて自分の意志を見せない少年。

本当に野球を好きなのかも分からなかったが・・・

円は、真之介を連れ戻すと息巻く達夫に連れられて、真之介の家を訪ねる!?

お迎えデス。7話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/CZbLQvVe8TU

幽体離脱する能力を手に入れた幸(土屋太鳳)。

そのことを知ったシノザキ(野間口徹)とマツモト(根岸拓哉)は、仲間にならないかと幸を誘う。

一方、円(福士蒼汰)は千里(門脇麦)から、由美子(石野真子)の様子がおかしいと聞かされる。

円が由美子の様子を見に行くと、彼女はキッチンの隅で泣いていた!?

由美子は、郁夫(大杉漣)の上着のポケットから女性用のハンカチが出てきたので、ショックを受けて泣いていたのだという。

郁夫に浮気の疑いがかかるが、彼はそのハンカチが上着に入っていた理由を言おうとしない・・・

さやか(大友花恋)も疑念を抱き、郁夫を問い詰める。

すると、郁夫が突然、倒れてしまう!?

郁夫は救急車で病院に運ばれるものの、意識不明に。

由美子、さやかとともに郁夫の枕元で心配していた円の前に、郁夫の霊体が現れる。

郁夫はベッドに寝ている自分の体を見て、驚く。

郁夫は生死の境をさまよっている状態で、幽体離脱してしまったのだった。

円と千里は、郁夫を連れて同じ病院に入院している幸の元へ。

幸は郁夫に、自分と円が霊を成仏させるアルバイトをしていることを打ち明ける。

スポンサーリンク

そんな中、病院を歩いていた千里を魔百合(比留川游)が見つけ、千里は追われることに。

円のアルバイトや憑依能力について聞かされ、驚きながらも受け入れる郁夫。

円は郁夫に、改めてハンカチのことを聞こうとするが、郁夫は「言えない」の一点張り・・・

お迎えデス。第6話みんなの感想


スポンサーリンク