スポンサーリンク

とりですがなにか【6話】のネタバレあらすじ。

2016年5月22日放送のドラマ『ゆとりですがなにか』6話

まずは5話のネタバレあらすじからです。

スポンサーリンク

ゆとりですがなにか5話ネタバレあらすじ

和(岡田将生)は、妹のゆとり(島崎遥香)が、まりぶ(柳楽優弥)が店長を務めるガールズバーでアルバイトしていると知って、頭を抱えていた。

家族にも宮下(安藤サクラ)にもそのことを打ち明けられず、、、

正和は結局レンタルおじさん麻生(吉田鋼太郎)に話を聞いてもらうことに。

麻生は、自分がガールズバーに行ってゆとりの様子を見てくると言う。

そんな中、正和は上司の早川(手塚とおる)から、宮下に仙台支店長の話が持ち上がっていると聞かされ、それを隠されていたことにショックを受ける。

一方、山路(松坂桃李)と宮下は、何度かボルダリングで顔を合わせるうち、何でも相談し合える友達になっていた・・・

ある日、二人がいつものボルダリングジムに行くと、そこには正和が!?

やり方も知らないままやみくもに壁を登ろうとした正和は、落下してアキレス腱を半分切る大ケガをしてしまう・・・

ゆとりですがなにか6話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/5HwF2AOgedk

りぶ(柳楽優弥)とゆとり(島崎遥香)の関係を知った正和(岡田将生)は、レンタルおじさん・麻生(吉田鋼太郎)とともにまりぶのアパートへ押し掛けることに。

まりぶは正和に、ゆとりとのいきさつを語る。

ゆとりを傷つけたくない正和はまりぶに、ある頼み事をする!?

さらに仕事でも正和を悩ませる問題が・・・

山岸(太賀)が担当する取引先の仕出し弁当屋が他社に乗り換えたらしく助けを求められる。

さっそく、担当者の野上(でんでん)に探りを入れるが、乗り換えた理由は分からないままだ・・・

一方その頃、山路(松坂桃李)は学習障害の児童・大悟のために尽力し、大悟の母・奈々江(石橋けい)から信頼されるようになる。

シングルマザーの奈々江は、看護師として働きながら大悟を育てていたのだった。

山路は、奈々江のことが気になり始める。

そんな中、久しぶりに佐倉(吉岡里帆)から連絡が来る。

ついに、山路にモテ期が到来か!?

ある日、正和が本社へ出社すると、そこには元恋人の茜が。

隣にいた強面の男性を「父です」と紹介され・・・

https://youtu.be/wzQvhbmS0bg

『ゆとりですがなにか』みんなの感想


スポンサーリンク