スポンサーリンク

『火の粉』7話ネタバレあらすじを6話ネタバレあらすじからです。

愛の説教部屋

第7話5月14日放送

大人の土ドラ『火の粉』第7話

『恐怖のマッサージチェア』

『ヨーロッパ出張』

『個人面接』

スポンサーリンク

『火の粉』6話ネタバレあらすじ

つて武内(ユースケ・サンタマリア)の無罪を勝ち取った弁護士・関(迫田孝也)が行方不明に。

彼の事務所には血痕が残っていた。

勲(伊武雅刀)は武内が殺めたに違いないと疑う!?

しかし、完全に武内に取り込まれている妻・尋恵(朝加真由美)は、警察に対して嘘のアリバイ証言をして武内をかばってしまう。

雪見(優香)も義父・勲の様子がおかしいと気がつく・・・

雪見は、武内のことで家族に隠し事をしているのではないかと、勲を問い詰める。

雪見の追及に押された勲は、ついに重い口を開く。

武内は無実ではなく、自分の判決は間違っていたのだと・・・

しかし勲は、ほかの家族には絶対口外しないよう忠告

「なんで黙っていたんですか!」

雪見も困惑してしまう。

一方その頃、武内に好意を寄せていた琴音(木南晴夏)が、突然彼に別れを告げる・・・

何があったのか、無機質な瞳で問う武内。

翌日、武内は琴音の別れた夫・稲葉(渋江譲二)のもとを訪ねる。

実は琴音の痣は、稲葉から受けた暴力が原因だったのだ。

「元夫からの暴力」

「武内の存在」

雪見は琴音の立場を複雑な思いで見守るが、琴音は武内の優しさにますます惹かれていくようになるのだった。

そして2人は、稲葉に対し、ある驚きの計画を立てはじめる・・・

『火の粉』7話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/L-5-8pp5ZBY

間家では、尋恵(朝加真由美)が新品のマッサージチェアに満足そうな様子で座っていた。

それは武内(ユースケ・サンタマリア)からのプレゼントだ。

居間に鎮座する大きなマッサージチェアを俊郎(大倉孝二)が邪魔扱いするが、武内の報復を恐れる勲(伊武雅刀)はそれに激高する。

ところが数日後、勲の心配など露も知らぬ尋恵と俊郎は、空き部屋にチェアを移動させてしまう。

それを武内に見られてしまった勲は必死に弁解するが!?

「お気に召しませんか?」

武内の目に、勲は戦慄する。

仕事の都合で、1週間ほどヨーロッパに出張に行くという武内。

その留守を狙い、雪見(優香)と勲は、武内の本性を知らない尋恵と俊郎に、事実を告げることに。

「もし武内の好意を無下にすれば…皆殺しにされるんだ。的場さん一家のように!」

しかし、その事実を知らされた尋恵は、思わぬ反応を見せる。

「家族を何だと思っているの?ずっと私たちのことを騙していたの?」

真実を告げたことで、逆に家族がバラバラになってしまうことに、、、

そして尋恵は、荷物をまとめて家を出て行ってしまうのだった。

危機を迎えた梶間家に、再び武内が現れる。

「放っておけるわけがない!皆さん一人一人と話をさせてください!」

家族それぞれの思いを吐き出させるため、一人ずつ奥の部屋に呼び出し、話を聞く武内。

しかし、その真の目的は?

『火の粉』みんなの感想


スポンサーリンク