スポンサーリンク

2016年4月30日放送のドラマ『お迎えデス。』第2話のネタバレあらすじです。

1話のあらすじからご紹介!

円(福士蒼汰)は突然、幸(土屋太鳳)に告白。

一体何を考えているのか・・・

スポンサーリンク

お迎えデス。1話ネタバレあらすじ

系大学生の堤円(福士蒼汰)は、高校時代の同級生・千里(門脇麦)の訃報を聞き、通夜に行く。

円はその帰り道で、ウサギの着ぐるみを着た人物と、初老の男・陽造(伊東四朗)が取っ組み合いをするというなんとも不思議な場面に出くわす。

非科学的なことをまったく信じない円。

そのまま何事もないかのように通り過ぎようとする。

しかし、円はウサギに声を掛けられるのだった。

ウサギの中身は、ナベシマ(鈴木亮平)という死神。

彼は、ゆずこ(濱田ここね)という少女を連れていた。

ナベシマは円に、

「仕事を手伝ってほしい」

と頼む。

しかし、円はナベシマたちを幻覚と決めつけ、無視することにしたのだった・・・

円が家に帰ると、ナベシマとゆずこが待っていた。

円は、ナベシマとゆずこにつきまとわれるように。

なぜか円は、霊や死神が見える能力を身に着けていたのだった。

ナベシマは円に、

この世にさまよっている霊をあの世に送り届けることが自分の仕事だ

と説明した。

円がナベシマとゆずこを連れて歩いていると、円と同じ大学に通う幸(土屋太鳳)が現れる。

霊が見える能力を持つ幸は、ナベシマの仕事を手伝っていたのだ。

ナベシマは円と幸に

「これからコンビを組んでもらう」

と一方的に宣言。

円は幸に連れられて、仕事を手伝わされることになってしまうのだった・・・

今回成仏させるターゲット

それはナベシマと取っ組み合いをしていた陽造だった。

陽造が成仏できない理由とは・・・

陽造は、娘の玲子(菅野美穂)のことで死んでも死に切れないという。

玲子の恋人である正道(矢柴俊博)はフリーター。

玲子は結婚するつもりだが、陽造が大反対。

正道はフリーターで、陽造としては安心して娘を任せられる相手ではなかった。

しかも玲子が妊娠していると聞き、陽造は激怒。

玲子は反発し、二人は音信不通に。

その後まもなく、陽造は突然倒れ、死んでしまったということだ・・・

玲子と正道を別れさせたいという陽造の願いを聞き、玲子の家を訪ねると言い出す幸。

円と幸は、玲子に会いに行く・・・

しかし正道が頼りないのは誤解だった。

彼は漫画家の夢を追いかけ、馬を題材にした漫画を描くために競馬の研究をしていたのだった!

一度は憑依を断る円・・・

しかし、玲子を追いかけたフェリーの中で陣痛が!?

必死の陽造の姿に、円は自分の身体を使うようにと承諾する。

家族を守りたい気持ちを持っていた正道に玲子とその子を託し、陽造は成仏。

この世の未練を断ち切る。

これが2課の仕事だ・・・

お迎えデス。2話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/2oFEqGnMTHg

んな中、 円(福士蒼汰)と幸(土屋太鳳)はナベシマ(鈴木亮平)から、新しい仕事を頼まれる。

今回のターゲットは、14歳の和弥(加部亜門)だ。

彼は、心臓の病気で長く入院した末に亡くなった。

円と幸は、病院内をさまよう和弥に成仏できない理由を聞こうとする。

しかし、和弥は大人を信用せず、心を閉ざしていた。

そんな和弥の心残りは、担当看護師・瑞江(比嘉愛未)との約束だった。

瑞江は心を閉ざす和弥にも一生懸命に接していた。

生前に和弥は瑞江と、退院したら病院の窓から見える観覧車に一緒に乗るという約束をしたので、それを守りたいのだという。

幸は、和弥が円に憑依して瑞江と観覧車に乗るという形で約束を果たすアイデアを提案する。

和弥は幸のアイデアを受け入れ、さらにもう一つ頼みごとをする。

メッセージを書いた大きな垂れ幕を用意して、瑞江と乗る観覧車のゴンドラが一番高い所に着いた時、彼女に見せたいというのだ。

直接メッセージを伝えずに、なぜわざわざそんなことをしなければならないのかと円は不思議に思う。

スポンサーリンク

円が瑞江と二人きりで観覧車に乗るには、彼女とデートするような関係性を作らなければならない。

とはいえ、女心が全く理解できない円には至難の業。

尻込みする円に幸は、この仕事をやるなら円との交際について考えてもいいと言う。

円は、自分なりに女心を研究し、あの手この手が瑞江に近付こうとするのだった・・・

お迎えデス。みんなの感想・評価


スポンサーリンク