スポンサーリンク

2016年4月23日放送
大人の土ドラ『火の粉』4話

ついに『全面対決』
雪見の『家出』!?
武内は『頼りになる男?』

スポンサーリンク

『火の粉』3話ネタバレあらすじ

見(優香)がちょっと目を離したすきに、武内(ユースケ・サンタマリア)は娘・まどか(庄野凛)に、特製の手作りジュースをふるまう。

美味しそうに飲むまどか。

しかしそれを見た雪見が血相を変えて飛び込んでくる!

「勝手なことしないでもらえませんか・・・」

しかし家に帰ると、まどかの腕には謎の痣が!?

新聞記者の寺西という男(佐藤隆太)がまた武内に気を付けるようにと警告に来た。

なんと、彼の正体はかつて武内が殺害したとされる的場一家の遺族、池本だったのだ!

雪見も武内の親切心はかなり異常だと感じ始めていたため、ついに池本から彼が知る武内の全てを聞くことに・・・

「裁判は誤審、武内はあなたがたの家族を次のターゲットにしている!」

「おばあさんが死んだとき・・・武内がお宅にいたんじゃないですか・・・」

池本の一言に、雪見は激しく動揺する。

しかも、夜はまどかがなかなか寝付かず、寝不足な日々が続く。

疲労困憊で積もった鬱憤を琴音(木南晴夏)に話した帰り、梶間家では思いもかけぬ訪問者が待ち受けていたのだった・・・

そして、
雪見にとって絶対に触れられたくない、過去の秘密が暴かれる・・・

『火の粉』4話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/C030nVeavgY

られたくない過去を暴かれ、身に覚えのない疑いをかけられてしまった雪見(優香)。

梶間家を出て、親友の琴音(木南晴夏)のもとに身を寄せることに。

ますます武内(ユースケ・サンタマリア)への疑念は強まるが、なんと琴音はそんな武内に好意を抱いていた。

そのころ武内家では、勲(伊武雅刀)や尋恵(朝加真由美)ら梶間家の面々を招いて、武内が豪勢な料理を振舞っていた。

その場で武内も、琴音への思いを明かす。

雪見は、的場一家殺害事件の遺族・池本(佐藤隆太)に現状を相談。

「武内の仕業だ!」そう断言し、雪見への協力を約束する。

一方、勲も雪見の立場を心配し、家に戻ってくるよう声をかける。

その優しさにほだされる雪見。

しかし勲の何気ない一言で、雪見の態度は硬直する。

「本当は武内さんのこと、なんとなく怪しいって思ってるんじゃないですか?」

核心を突かれた勲は必死で否定するが、心中穏やかでは無い。

勲への失望から落ち込む雪見。

そこへ池本から、武内を追い込むことができる証拠を得たと連絡があった。

自らの潔白を証明したい雪見と、武内に復讐したい池本。

2人がとった手段は、一緒に梶間家へ乗り込み、家族を説得することだった。

しかし事態は思いもよらぬ方向へ転がることに!?

スポンサーリンク

『火の粉』みんなの感想・評価


スポンサーリンク