スポンサーリンク

2016年4月18日放送の月9ドラマ『ラヴソング』
その2話のネタバレを1話あらすじから見ていきます。

スポンサーリンク

月9『ラヴソング』1話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/LQrJDVOiGbw

プロのミュージシャンだった神代広平(福山雅治)

音楽業界を去ってからすでに20年が過ぎた・・・

独身で定住はせず、持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活。

音楽への情熱は完全に断ち切れぬまま・・・

この日も、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行くのだった。

大型車販売店の整備工場で整備補助として働いているのは佐野さくら(藤原さくら)

愛想は良いのだが、まともな返事が出来ないのか上司の滝川文雄(木下ほうか)に、いつも注意されていた。

さくらは仲間たちとも、あまり会話をしない。

神代はこの会社に企業カウンセラーとして週2日で勤務していた。

滝川は神代のことを先生と呼ぶ。

仕事を終えた神代はライヴハウス『S』へ向かう・・・

オーナーの笹裕司(宇崎竜童)には、神代が女性と別れただろうと即座に見抜かれてしまう。

神代は当面の宿を笹に頼むが、うちはダメだとキッパリ!

神代の以前の仲間たちも、みんな結婚しているので頼りにくいのだ。

笹は

「また宍戸夏希(水野美紀)に頼めば良い」

と神代に促す。

それは気が引ける神代は、一夜を過ごすため漫画喫茶へ向かうのだった・・・

しかし漫画喫茶はどうにも居心地が悪く、仕方なく夏希の家に転がり込むこと・・・

そんなある日、さくらは職場でミスをしてしまう。

仕事仲間とのコミュニケーション不足を案じる滝川は、さくらを神代に診てもらうことに。

人と話すのが苦手そうなさくらに神代は優しく対応するのだった・・・

スポンサーリンク

そんな中、家に帰ったさくら。

さくらに自立してほしい真美(夏帆)

さくらは現在ルームシェアで真美と一緒に暮らしているが・・・

『ラヴソング』2話ネタバレ

https://youtu.be/L4mWchZqJUA

代広平(福山雅治)はライブハウス『S』で宍戸夏希(水野美紀)たちと飲んでいる。

ステージでは若手バンドが演奏。

そんな中、マスターの笹裕司(宇崎竜童)が、ダイヤの原石のようなミュージシャンはいないものかと愚痴る。

『S』ではライブ出演者を募集していた。

一瞬、顔を見合わす神代と夏希。

しかし、増村泰造(田中哲司)が若手バンドに絡み、現場は乱闘騒ぎになってしまった。

佐野さくら(藤原さくら)は天野空一(菅田将暉)のアパートへ。

以前、空一に売りつけたギターを取り戻すためだ。

返す、返さないと揉めた挙句、ギターを手にしたさくらは楽しそうに帰って行く。

翌日の昼休み、同期と食事していたさくらは神代に声をかけられた。

医務室へ行ったさくらに、神代は夏希が来て欲しいと言っていたと伝える。

返答しないさくらだが、神代が自分も一緒に行くと言うと目を輝かせた。

神代と2人でのお出掛けに、さくらは“デートっぽいやつに行く”と中村真美(夏帆)にメール。

その時、真美は空一に手伝ってもらい、結婚準備のため洋服などの整理をしていた。

夏希に会う前に、神代とさくらは食事。

神代はさっさと注文を済ませるが、さくらは中々出来ない。

後ろの客に急かされ焦るさくらは、神代と同じものを注文。

すると神代はさくらに、本当は何を食べたかったのかと尋ねる。

答えるさくらに、神代は注文にかかるのは7秒だと言う。

7秒に自信を持てる勇気が出ればと、神代は続ける。

https://youtu.be/qTWCceMMJbI


スポンサーリンク