スポンサーリンク

ポリタンがおいしそう!

『Chef~三ツ星の給食~』の第3話で天海祐希が作るナポリタンのレシピが話題です!

とってもおいしそうでしたよね!!

さらに第3話では、友近の部下?でテレビクルーAD役のキャストがカワイイともっぱらの噂!?

今回は『Chef~三ツ星の給食~』の3話と4話のネタバレあらすじ

テレビクルー役のキャストは誰なのか?

について調べています!

関連記事

⇒三ツ星レストラン(シェフ)のドラマ感想が秀逸!視聴率は?2話ネタバレ有!

スポンサーリンク

『三ツ星の給食』3話ネタバレあらすじ

自分が作った給食よりも、コンビニの唐揚げ「ウマチキ」の方が「美味しい」と言われショックを受けた光子(天海祐希)は、子供たちに自分が作った給食を「最高に美味しい」と言わせるまで学校に残ると決断。

それを聞いた荒木(遠藤憲一)や晴子(川口春奈)らは、光子の料理にかけるプライドに驚きを隠せない。

同じ頃、光子を訪ねてフランスのファッションブランド「ミッシェル・ブランショ」の金沢(西村和彦)がやってくる。

店舗の最上階にオープンするフレンチレストランのシェフへのオファーは断られたが、光子以上のシェフはいないと熱望する社長が、3ヵ月間待つと言っているという。

光子は、そんなに待たせるつもりはない、と断言する。

そうはいっても、給食作りでの苦戦は続いていた。

その様子を映したテレビ番組は、相変わらず人気で、篠田(小泉孝太郎)も光子の動向を気にしていた。

番組プロデューサーの早紀(友近)は、視聴者は光子のさらなる悪戦苦闘が見たいのだ、と不敵な笑みをもらす。

そんな折、親子で一緒に給食を食べる学校行事が行われることになり、メインがナポリタンだと発表された。

どうしたら同じ料理、同じ味付けで、親子ともに「最高に美味しい」と言わせることができるのか。光子はアイデアを巡らせる。

ところが、小松(荒川良々)から、子供向けに作ったものを最後に大人向けに調味するのだ、と聞かされ不快感を示す。

今まで同じ料理で味付けを変えたことはないという光子は、自分なら全く同じ味付けのナポリタンで、大人にも子供にも「最高に美味しい」と言わせる自信がある、と胸を張る。

『三ツ星の給食』4話ネタバレあらすじ

三ツ星を取り戻すために自分の店を作る、と宣言した光子(天海祐希)は、大工さながらに角材を切り落とし、クギを打ち付けていく。

翌朝、光子は、晴子(川口春奈)、小松(荒川良々)らに、自分の店ができた、と誇らしげに言う。

呼び出された早紀(友近)らテレビクルーや、荒木(遠藤憲一)ら給食チームも見守るなか、光子が披露したのは、「シェ ミツコ」という店名と三ツ星が手書きされた看板の付いた屋台だった。

スポンサーリンク

三ツ星の料理が屋台で食べられるのだ、と自信満々の光子。

昼は給食を作り、夜は屋台でフレンチを出すと言う。

一方、荒木は献立作りに頭を悩ませていた。

食品構成上、豆料理をメニューに組み込まなければならないが、豆を使った料理は子供に不人気で残食率が高くなるからだ。

晴子は、光子ならどんな豆料理を作るだろうか、とつぶやいた。

光子は、屋台でも最高の料理を出すべく準備を進め、ついに店をオープンさせた。

ところが、宣伝不足や1万5000円のお任せコースのみという設定もあり、いくら待っても客が来ない。

初日は、酔っ払いのサラリーマン・迫田(飯尾和樹)だけだった。

さらに数日経っても、店はガラガラの状態が続く。

その様子をみて早紀(友近)はあることを思いつく。

一方、篠田(小泉孝太郎)は、シェフ・奥寺(豊原功補)のもと再開した「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の経営が順調であることに満足しながらも光子の屋台の様子が気になっていた…。

数日後の朝、光子は荒木が決めた「五目豆とじゃがいもの煮込み」を、最高に美味しくする方法を見つけた、と目を輝かせる。

三ツ星の給食の3話キャストにあの人・・・

友近に胸を出している服装を注意されていた美人キャスト、テレビクルー。

彼女は何者かと思った人も多いハズ!!

彼女の名前は・・・

橋本梨菜(はしもとりな)

「なにわのブラックダイヤモンド」と呼ばれています(自分で言ってるだけ?)

「グラビア美少女三国志」というアプリにも登場するようですよ!


スポンサーリンク