スポンサーリンク

山雅治主演で話題の月9ドラマ『ラヴソング』

放送前からかなり話題となっております。

言語聴覚士という職業の役も出演する様子。

誰が演じるのでしょうか?

スポンサーリンク

https://youtu.be/qMf8UnLIqVg

月9『ラヴソング』1話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/gWLl7FZz-rY

https://youtu.be/fOrRz-GcJdk

プロのミュージシャンだった神代広平(福山雅治)

音楽業界を去ってからすでに20年が過ぎた・・・

独身で定住はせず、持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活。

音楽への情熱は完全に断ち切れぬまま・・・

この日も、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行くのだった。

大型車販売店の整備工場で整備補助として働いているのは佐野さくら(藤原さくら)

愛想は良いのだが、まともな返事が出来ないのか上司の滝川文雄(木下ほうか)に、いつも注意されていた。

さくらは仲間たちとも、あまり会話をしない。

神代はこの会社に企業カウンセラーとして週2日で勤務していた。

滝川は神代のことを先生と呼ぶ。

仕事を終えた神代はライヴハウス『S』へ向かう・・・

オーナーの笹裕司(宇崎竜童)には、神代が女性と別れただろうと即座に見抜かれてしまう。

神代は当面の宿を笹に頼むが、うちはダメだとキッパリ!

神代の以前の仲間たちも、みんな結婚しているので頼りにくいのだ。

笹は

「また宍戸夏希(水野美紀)に頼めば良い」

と神代に促す。

それは気が引ける神代は、一夜を過ごすため漫画喫茶へ向かうのだった・・・

しかし漫画喫茶はどうにも居心地が悪く、仕方なく夏希の家に転がり込むこと・・・

そんなある日、さくらは職場でミスをしてしまう。

仕事仲間とのコミュニケーション不足を案じる滝川は、さくらを神代に診てもらうことに。

人と話すのが苦手そうなさくらに神代は優しく対応するのだった・・・

そんな中、家に帰ったさくら。

さくらに自立してほしい真美(夏帆)

さくらは現在ルームシェアで真美と一緒に暮らしているが・・・

https://youtu.be/Bo2X1OjsEmA

月9『ラヴソング』感想・評価

https://youtu.be/PZN4vfVzryc

福山雅治

https://youtu.be/kq37Ro7uzac

藤原さくら

https://youtu.be/1D0qFKSyqDs


スポンサーリンク