スポンサーリンク

レンタル救世主に出演中の志田未来!

号泣ブサイク顔?

泣き顔ラップ!

2016年10月から始まった連ドラ『レンタル救世主』ですが、そこに志田未来が出演しています。

彼女の演技力が、今かなり話題になっていますね!

号泣ブサイク顔とは?

話題の泣き顔ラップって何?

プロフィールと併せて、ご紹介致します。

レンタル救世主の他の出演者についてはこちらをご覧ください。

⇒レンタル救世主

⇒藤井流星『レンタル救世主』あの腕時計はどこの?セリフとアクションで演技力を示す!

志田未来(しだみらい)プロフィール

生年月日:1993年5月10日

出身地:神奈川県

身長:152cm

血液型:AB型

所属:研音

主な出演作品

【ドラマ】

「女王の教室」
「ハルとナツ」
「サプリ」
「14才の母」
「わたしたちの教科書」
「探偵学園Q」
「ドリーム☆アゲイン」
「正義の味方」
「小公女セイラ」
「卒うた」
「ハンマーセッション!」
「秘密」
「ブルドクター」
「ブラックボード」
「ゴーストママ捜査線」
「リセット」
「信長のシェフ」
「なるようになるさ。」

【映画】

「雨鱒の川」
「椿山課長の七日間」
「母べえ」
「誰も守ってくれない」
「食堂かたつむり」
「借りぐらしのアリエッティ」
「POV~呪われたフィルム~」
「遺体 ~明日への十日間~」
「風立ちぬ」

名前の由来:「この子にいい未来をあげたい」とう母の想いを込めて

趣味:読書・小銭貯金・プリクラ・ゲーム

特技:運動・ものまね

部活:(中学)バドミントン部 (高校)ヒップホップ同好会

好物:ツナ

座右の銘:初心忘るべからず

尊敬している人:両親

好きなTV番組:バラエティー番組

女優になって良かったと思える事は?:色々な役が出来る事

女優としての夢は?:「この役は志田未来だから出来たんだよ」と言われるようになりたい

演技力以外に女優に大切なことは?:挨拶

地球最後の夜に食べたいものは?:ツナ

3億円の宝くじがあたったら?:ゲームセンターを買い取る

志田未来さんは、以前からツナが大好きだと言っています。

しかも、味を足すとか何かの料理にツナをプラスする、と言った形でなく、ツナそのものを味わう事が好きなようです。

スプーンでそのまますくって食べるそうですwww

しかし昔から、かなりの偏食家だとも有名な志田未来さん。

過去に「中学の時の、給食はほとんど残していた」と言っていた時もあるようです。

皆残していたし…
と話していたことと他の理由も併せて、性格が悪いなどと噂されているようですね。

スポンサーリンク

子役からやっていて、尚且つ現在も売れている女優さん・俳優さんは、少なからずわがままになるのは仕方ないのかもしれないですよね。

志田未来は演技が上手い!!

志田未来は安定して演技が上手いですよね。

彼女の泣きの演技は、特に好きですね。

今回のレンタル救世主では、いつも以上に顔面に力を入れた泣きの演技が見られます。

「号泣ブサイク顔」

あんな可愛い子が、いきなりあの顔になるんです。そりゃ話題にもなります。

相当な顔して泣いていますww

ご覧になりましたか?見てない人は要チェック!

一瞬、え!?てなりますよw

そして、その顔して泣きながらの、「ラップ」ですよ!
最初は、ん?お経?歌?って感じでした。聞いているうちに、これはラップなんだ!
わー。凄いな。

なかなかの衝撃です。
レンタル救世主の内容うんぬんよりも、個人的にはこの号泣ラップが一番の見どころです!w

このラップは最終話まで、毎回見られるのでしょうか?
楽しみです。

志田未来のリュックって?

志田未来をネットで検索していると、リュックという関連キーワードが出てきます。

一体どういうことでしょうか?

志田未来のリュックというのは、高校生の時の話です。

毎日、リュックで登校していたそうですね。

キーホルダーなどの飾りは一切、付けていなかったそうです。

と、いうのも志田未来さんは、風紀委員だったそうです。

性格はすごく真面目なんでしょうね。

かなり厳しい風紀委員だったようで皆に、注意等を厳しくしていたそうですよ。

「皆が聞いてくれなくて…」と悩むこともあったそうです。

うん、分かります。

私もそっち側でしたから。

注意してくると、鬱陶しいな~って思ってしまったり。

スカートの丈くらいいいじゃん。って思ったりするんですよね。

話は変わりますが、
高校の時の部活が「ヒップホップ同好会」なんですね。

本当は、タップダンスだと思って勘違いして入ってしまったそうですよw

少し天然なところもあるのでしょうか?可愛いですね。

風紀委員なのにヒップホップ同好会?と少し疑問に思ったんですが、

堀越高校のヒップホップ同好会は同好会と言っても、レベルが高いみたいです!

平成24年、26年には全国大会にいったようです。

同好会って名前を聞くともっと趣味的な気楽にやる感じに聞こえますが、ちゃんと外部からの講師のもと、しっかりとしたレッスンを行うみたいですね。

今回の号泣ラップは、このヒップホップ同好会で培ったリズム感をうまく取り入れた迫真の演技だったわけですね!

素晴らしい!

あの可愛い顔からは、想像つかない様な号泣ブサイク顔。

まさにプロ意識の高さと、並々ならぬ演技力の高さを感じます。

昔見たドラマ、14歳の母ではかなり衝撃を受けてそこからずっと志田未来さんが大好きです。

今回のドラマでは、微妙に方向性の違う新たな衝撃!!

とても新鮮です!

皆さんも是非見てみてくださいね^^


スポンサーリンク