スポンサーリンク

ジテレビ系で放送される新ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』が2016年10月9日より放送開始!

日曜9時にフジテレビ系でドラマ放送が行われているのは、今年2016年4月期からのこと。

この放送枠自体の認知度があまり高くないのか、前期7月期のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』

TBS・21時
『仰げば尊し』

日テレ・22時
『そして誰もいなくなった』

などの日曜夜のドラマに比べて大きく視聴率では見劣りしました。

スポンサーリンク

『キャリア~掟破りの警察署長~』の原作は?

そして今回、

フジテレビ系10月期の“日9”では、『遠山の金さん』という有名な時代劇の設定を大胆に取り入れる手で、視聴率の回復を目指す模様。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを支える夫・新次郎役で最注目の玉木宏が主演!

『遠山の金さん』の主人公を彷彿とさせる情に厚いキャリアの警察署長・遠山金志郎が、市民から身近な存在であることをモットーに自ら街に出て捜査し、痛快に悪をくじいていく刑事ドラマ。

この物語の原作は「遠山の金さん」というわけではなく、ドラマ完全オリジナルとなるようです!

脚本・小山正太、関えり香の物語に期待です!

主題歌を務めるのは「GReeeeN」で【暁の君に】となります。

『キャリア~掟破りの警察署長~』1話ネタバレあらすじ

北町署に新たなキャリア署長が就任する日、署員は歓迎式の準備もあって浮ついていた。

同じころ、市民の乗ったバスが男にジャックされる。

しかし、男の持ち物から事前に犯行を察知していた遠山金志郎(玉木宏)は犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて見事に事件を解決してしまう。

彼こそが、北町署の新署長だった――。

キャリアらしくない金志郎は、叩き上げの刑事・南洋三(髙嶋政宏)や、新人刑事の相川実里(瀧本美織)、副署長の半田順二(柳沢慎吾)らに気軽に接する。

キャリアらしからぬ金志郎の振る舞いに戸惑う刑事たち。

昔の事件がきっかけでキャリアに対して反発心を抱くようになった南は、金志郎が気に入らない。

そのころ南たちは、指名手配中の連続強盗殺人犯・谷口を追っていた。

谷口は現金1億円を持って逃走していた。

刑事課にふらっとやってきた金志郎は、被害通報件数No.1の落書きを捜査すべきだと提案する。

落書きを取り締まって治安が回復したという海外の例を持ち出し、ついには刑事の勘で「落書きと手配犯が繋がる」と言い出す。

スポンサーリンク

南は、現場への口出しは無用、と言って取り合わない。

制服を脱ぎ捨て普段着で街に出た金志郎は、勝手に落書きの捜査を始める。

といっても、単なる落書き消し。

手配犯の捜査から外され、金志郎の案内係を命じられた実里は不満を隠せない。

そんな中、街中の落書きにあるメッセージが隠されていることがわかり…。

フジテレビ系ドラマ見るには?

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

リッチマン

いつかこの恋

好きな人がいること

FODプレミアム


スポンサーリンク