スポンサーリンク

曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』が2016年10月14日からスタートします。

菅野美穂と松嶋菜々子のW主演かと言われていたところ、菅野美穂の主演で松嶋菜々子は一歩引いたことでも話題となりましたが・・・

実はこの物語、ちょっと怖いんです。。。

スポンサーリンク

『砂の塔~知りすぎた隣人』1話ネタバレあらすじ

平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、高野亜紀(菅野美穂)は、家族で憧れのタワーマンションに引っ越してきた。

豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間・・・

そこに住むセレブ主婦たちが作った『タワマンルール』に、亜紀はア然としてしまう。

◇“何階に住んでいるか”によってエレベーターの場所まで違い、小学生同士でさえも低層階の住人が高層階の人々に見下されてしまうという「フロア差別」。

◇一回5000円!高額すぎるが、参加しないと村八分にされてしまうという「地獄のランチ」。

◇“子ども達の成長のために”という名目ながら、実は母親たちの“見栄の展示会”である「強制ハロウィン」。

他にも「ゴミ出しにも正装」「園バスは学費の順に並ぶ」などなど、外部から見るとどう考えても“変”なローカルルールに、皆が縛られているのだ。

タワーマンションに限らずこういったローカルルールってありますよね!?

田舎の方がこういった謎のルールって多い気が・・・

プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちに振り回されつつ、子ども達がこの新たな環境で浮いてしまわないために、必死で馴染もうとする亜紀。

ママ友たちの勧めにより、とある体操教室を見学に行く亜紀。

そこで、かつて隣に住んでいた年下の幼馴染・生方航平に再会する!?

優しいコーチとして子ども達からの人気も絶大で、なおかつタワマン主婦の頂点に君臨するボスママ・寛子(横山めぐみ)が見え見えの色目を使っている中、実は亜紀にも他人には語れない“生方との秘密”があった・・・

う~ん怪しい・・・

いま話題の不倫?

過去のヒミツであれば・・・

そんな中、亜紀は上の階に引っ越してきたばかりだという佐々木弓子(松嶋菜々子)と出会う。

夫は海外赴任で子供はいなく、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている本物のセレブ。

優雅で上品な容姿にもかかわらず、全く偉ぶることのない彼女に惹かれ、亜紀は弓子に心を許し、幼い娘・そらを連れて弓子の家を訪ねるようになる。

本音で話せる唯一の友人ができて喜ぶ亜紀。

その頃、連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が世間を騒がしていた。

スポンサーリンク

警察の捜査を嘲笑うように次々と幼児が失踪していくが、誘拐犯の手がかりは一切見つからない。

ただ一つ、失踪現場に必ず残されている一輪の花=黄色いカーネーションを除いて・・・

その花には一体、どんな意味があるのか???

物語的には佐々木弓子(松嶋菜々子)がどうしても犯人候補ですよね!

フラワーアレンジメント教室からの黄色いカーネーションですから。

カーネーションと言えば母の日ですが・・・

警察の捜査が行き詰まる中、ベテラン刑事・荒又(光石研)は失踪した子の親たちの裏事情を知る中で、ある推理に辿り着く。

「犯人は、子育てをおろそかにしていた母親の子どもを狙ってるんじゃないのか…つまり犯人の狙いは、『愚かな母親たちへの断罪』!?」

豪華な衣装をまとい、すました笑顔を浮かべているタワマンの母親たち。

しかし彼女たちにはそれぞれに、人には言えない秘密があった。

そしてそれは、亜紀にさえも・・・

きらびやかなタワーマンションの“裏と表”。

それと符合する、住人の母親たちの“光と闇”。

さらに、美しい花々に囲まれ優しい微笑を絶やさない弓子と、残忍なハーメルン事件の犯人をつなぐ不気味な共通点。

一体、彼女の真の目的とはなんなのか・・・

そして亜紀は、愛する家族を守る事ができるのか!?

人々の裏にある闇の感情と、親子の愛情が、事件の伏線と複雑に絡み合う。

豪華キャスト陣をうならせた、完全オリジナルストーリー。

「母親とは何か」を問いかける本格ヒューマンサスペンスが、ついにヴェールを脱ぐ!

実話!?『ハーメルンの笛吹き男』

『ハーメルンの笛吹き男』は1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる130人のこどもたちが一夜にして街から消えた伝説に基づいています。

ハーメルンはドイツの町ですね!

それでは童話をご紹介。

昔々、ハーメルンの街では大量にねずみが発生して、悪さをするので困っていました。

ハーメルンの人たちが困っているところに、
「私はねずみを退治することができます」
とカラフルなまだら模様の服を着た笛吹き男がやってきました。

街の人たちはこの男にねずみ退治をお願いすることにし、笛吹き男は笛の音によってねずみを操り、ねずみたちは笛吹き男に続いて水の中に入り、溺れ死んでしまいました。

笛吹き男がねずみを退治してくれたにもかかわらず、街の人たちは笛吹き男にお金を払うのがもったいなくなって、いろいろと文句をつけて笛吹き男を街から追い出しました。

6月26日に笛吹き男は再び街にやってきて、笛を吹き始めました。

すると町中のこども130人が笛吹き男に付いていき、街からこどもが消えてしまいましたとさ。

最近では問題ないようですが、かなり長い間音楽を奏でてはいけない道路があったのだとか・・・


スポンサーリンク